ふくおかの食で
健康メニュー

【夏】おいしく朝ごはん!はかた地どりの中華粥

メニュー画像
ライフステージ
思春期・青年期
×
健康課題
朝食を食べよう!

献立

  • はかた地どりの中華粥
  • 切り干し大根とオクラのサラダ
  • すいかの杏仁豆腐

使用している
福岡県農林水産物

  • すいか
  • オクラ
  • きゅうり
  • ミニトマト
  • はかた地どり(もも肉)
  • *チンゲン菜

健康豆知識

・オクラのぬめり成分はガラクタン等の食物繊維で、整腸作用を促しコレステロールを排出する作用や、便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があると言われています。
・きゅうりは淡色野菜ですが、表皮のグリーンにはβカロテンが含まれています。抗ガン作用や免疫を活性化させる作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
・スイカに含まれるカリウムは果肉や種子に多く含まれ、疲労回復や利尿作用があるとされています。夏の暑さで衰えた身体に優しく、夏バテに効果がある食材の一つです。
・なかなか食欲が沸かない朝食時にも食べやすい内容で、一日のスタートを切ることが期待できます。

栄養価

栄養素 思春期・青年期1食当たりの摂取基準 本メニュー1食当たりで摂取できる量
エネルギー量 600~700kcal 575kcal
たんぱく質 13%~20% 12.0%
脂質 20%~30% 29.9%
炭水化物 50%~65% 58.1%
野菜使用量 100~120g 115g

【夏】おいしく朝ごはん!はかた地どりの中華粥

はかた地どりの中華粥

[材料・分量] (4人分)

200g
8g
1000ml
はかた地どり(もも肉)
240g
24g
*チンゲン菜
200g
*白ねぎ
8g
*スライスアーモンド
6g
*しば漬
40g
*塩
1g

作り方

1.米は洗って水気を切り、油をまぶしておく。
2.鍋に水を入れて、1の米を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火にして25分間煮る。
3.鶏肉はそぎ切りにし、酒を振る。
4.粥が炊き上がったら塩で味を調え、3の鶏肉を加えて蓋をし、10分程蒸らす。
5.*は中華粥のトッピングにする。ゆでたチンゲン菜、白髪ネギ、ローストしたアーモンドスライス、しば漬を添える。

切り干し大根とオクラのサラダ

[材料・分量] (4人分)

切り干し大根
12g
オクラ
60g
きゅうり
60g
ミニトマト
80g
ロースハム
20g
ごま油
20g
20g
いりごま
4g
砂糖
2g
4g
こしょう
少々

作り方

1.切り干し大根は水で戻し、絞っておく。
2.オクラは茹でておかあげし、斜め薄切りにする。 (おかあげ:水にとらずにザルに上げて冷ます)
3.きゅうりは千切りにして軽く塩を振っておく。
4.ハムは千切り、ミニトマトは1/4にくし形に切る。
5.ごまをすり、調味料を合わせてごまドレッシングを作り、切り干し大根を和えて調味液を吸わせる。
6.その他の食材を入れて混ぜ合わせる。

すいかの杏仁豆腐

[材料・分量] (4人分)

すいか果汁
480g
グラニュー糖
36g
12ml
粉寒天
6g
レモンの皮
4g
レモン汁
4g
杏仁粉
6g
すいか
60g(1cm角切り
ミント
少々

作り方

1.鍋にグラニュー糖、水、レモンの皮を入れて火にかけ一度沸騰させて火を止め、シロップを作る。 シロップができたら、レモンの皮は取り除いておく。
2.すいかは種と皮を取り除き、トッピング用に1cm角に切ったすいか60gを別にしておき、残りの果肉は裏ごして果汁を480g取る。
3.粉寒天は5倍の水で戻しておく。
4.鍋にシロップ、水で戻した粉寒天、杏仁粉を入れて一度沸かし、寒天が溶けたらすいか果汁と合わせて、レモン汁を入れてよく混ぜ合わせて型に入れて冷やし固める。
5.固まったゼリーの上に2の角切りにしたすいかを盛り、ミントを乗せる。