ふくおかの食で
健康メニュー

【夏】おいしく朝ごはん!具沢山オムレツと博多なすヨーグルトディップのトースト

メニュー画像
ライフステージ
思春期・青年期
×
健康課題
朝食を食べよう!

献立

  • 博多なすヨーグルトのディップ
  • 博多ぶなしめじ入り具沢山オムレツ
  • 夏野菜のガスパチョ

使用している
福岡県農林水産物

健康豆知識

・ぶなしめじは、カルシウムの吸収率を上げるビタミンDの他、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどの栄養があります。
・トマトに含まれるβ-カロテンは、抗ガン作用や免疫を活発にする作用で知られていますが、その他にも髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
・パプリカはピーマンよりも多くのビタミンCを含み、黄色は1/6個、赤色は1/3個分で、一日の必要量を摂取することができる量が含まれています。風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。
・洋食でもエネルギー控えめで、沢山の野菜を使用していますが、ミキサーにかけたり、オムレツにしているので朝でも無理なく摂取できることが期待できます。

栄養価

栄養素 思春期・青年期1食当たりの摂取基準 本メニュー1食当たりで摂取できる量
エネルギー量 600~700kcal 584kcal
たんぱく質 13%~20% 16.2%
脂質 20%~30% 29.7%
炭水化物 50%~65% 54.1%
野菜使用量 100~120g 342g

【夏】おいしく朝ごはん!具沢山オムレツと博多なすヨーグルトディップのトースト

博多なすヨーグルトのディップ

[材料・分量] (4人分)

トースト厚切り
400g
なす
300g
プレーンヨーグルト
80g
たまねぎ
80g
オリーブ油
4g
にんにく
4g
2g
こしょう
少々

作り方

1.なすは焼きなすにし、熱いうちに皮をむく。
2.たまねぎはみじん切りにし、オリーブ油で炒めて冷ましておく。
3.1のなすと2のたまねぎ、プレーンヨーグルト、おろしにんにく、塩・こしょうをミキサーにかける。
4.3をトーストした食パンにのせる。

博多ぶなしめじ入り具沢山オムレツ

[材料・分量] (4人分)

200g(4個)
ぶなしめじ
120g
じゃがいも
220g
ほうれん草
160g
たまねぎ
60g
パプリカ(赤)
40g
ベーコン
16g
サラダ油
8g
2g
こしょう
少々

作り方

1.じゃがいもは皮をむいて1cm角に切り、やわらかくゆがいておく。
2.たまねぎはスライスし、ぶなしめじは小房に分け、パプリカは角切りにし、ベーコンは短冊切りにする。
3.ほうれん草は茹でて、3cm長さに切る。
4.フライパンに油をひき、1・2・3の具材を炒めて塩・こしょうで味を調える。
5.そこに卵を流し入れ、両面に香ばしく焼き色を付ける。

夏野菜のガスパチョ

[材料・分量] (4人分)

トマト
600g
きゅうり
40g
パプリカ(赤)
40g
パプリカ(黄)
40g
白いんげん豆(ゆで)
80g
にんにく
4g
オリーブ油
4g
白ワインビネガー
12g
4g
こしょう
少々
*バジル
2g
*オリーブ油
8g

作り方

1.トマトは湯むきして種を取り除き、きゅうりは皮をむき、パプリカは直火で焼き、焦がしたら水で皮を洗い流す。白いんげん豆は粗みじん切りにしておく。
2.ミキサーにバジル、オリーブ油を入れてミキサーにかけ、バジルソースを作る。
3.1の材料とおろしにんにく、オリーブ油、白ワインビネガー、塩、胡椒を入れてミキサーにかけ、よく冷やして器に盛りつける。
4.*をミキサーにかけてバジルソースを作り、3にかける。